自分にとって最適な二の腕サイズは何センチ位なのか

客観的な見た目を気にする方々は、たまに数字に関する要素に興味を持っています。
適正数値を記録していれば、それなりに美しく見えるという考え方もあるからです。
そして二の腕というパーツに関して、そういった考えが浮上する事もあります。
果たして太さが何センチくらいか気になる事はあるでしょう。

そもそも二の腕が、客観的な見栄えに大きく関わる事だけは間違いありません。
例えば、身長がそれなりに低めな体型だとします。
ところが女性によっては、腕のサイズがアンバランスな事もあるのです。
体はそれなりに小さめですが、腕だけが太く見えてしまいますと、何となく体脂肪率が多いように見えてしまう傾向があります。

30センチという数値などは、明確に太いと言えるでしょう。
そもそも身の回りには、筋トレを心がけている男性が非常に多く見られます。
彼らはそれぞれ腕の太さに関する目標数値を設定しているのですが、その目安はおおむね30センチ台なのです。
腕がそれなりにたくましい男性の場合、明確に太いだけは明らかでしょう。
したがって身長がやや低めな女性の腕が、30センチぐらいになっていれば、かなり太め体型に見えてしまう訳です。

このように二の腕というパーツの太さは、それなりに客観的な印象を左右する訳です。
そして見た目を気にする女性の方々としては、「では具体的に二の腕が何センチなら良いの」と気になる事もあるでしょう。太めに見える問題点を解決するにしても、客観的な目安が分からなければ、なかなか目標も設定しづらいからです。

一般的には、身長に比例すると考えて良いでしょう。
例えば身長が154センチ後半の女性の場合は、二の腕の理想的な太さは、24センチ台半ばと言われています。それよりも太いと、やや体脂肪率が高めに見えてしまう訳です。
また身長が159センチ台半ばとなると、理想的な二の腕は26センチ程度と言われています。
それ位の太さになれば、見た目が美しいと客観的に判断される事が多い訳です。

ちなみにこの数字には、やはり黄金率もあります。どこからこういった数字が出てきたかというと、0.16というデータがあるのです。

例えば身長が154の方々の場合、0.16を乗じてみると良いでしょう。当然算出結果は、24.64になります。つまり、それが目標の理想的な太さになる訳です。
もちろん160センチならば、25.6という事になります。
したがって身長が154センチの方々の場合、二の腕の太さ目標は、24センチ台半ばになる訳です。また身長160センチとなると、一応は25センチ台半ばになるでしょう。

こういった数字を知っているか否かで、ダイエット効率などは大きく変わってきます。
できるだけ見た目を美しくしたいと思うなら、まずは0.16という数字を意識してみると良いでしょう。

結局まとめれば、身長に0.16をかけた数字が、二の腕の黄金律になる訳です。ダイエット目標がある訳でも、随分とモチベーションが変わってきますし、0.16という数字は抑えておいた方が良いでしょう。